秋草学園高等学校の主権者教育に協力した選挙啓発事業を行いました

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2017年5月11日

秋草学園高等学校では、2017年4月11日(火曜日)に選挙への知識と理解を深めるため、狭山市の選挙で実際に利用している記載台や投票箱を用いた投票と開票作業を模擬選挙として実施しました。
これは、公職選挙法の改正により選挙権年齢が満18歳以上に引き下げられたことを受け、高等学校の主権者教育として生徒の政治参加への関心を高める意図で実施されたものです。
当日は、同学園の桔梗ホールを会場に、狭山市選挙管理委員会より3年生263名を対象とした選挙制度の説明と選挙啓発用DVDの上映があり、各クラスの推薦者による候補者への応援演説の後、教諭の指導の下、クラス代表者による投票と開票作業を通した体験学習が行われました。

当日の様子

生徒が投票箱に投函する様子投票の様子

投票には、実際の選挙で使用している投票箱と記載台を使用しました。
参加した生徒から、「今まで政治に関心はなかったのですが、選挙の重要性がわかりました」などの感想が聞かれました。

このページに関するお問い合わせは
選挙管理委員会事務局

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。