Honda陸上競技部 設楽悠太選手に第1号の特別顕彰を贈呈しました

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2018年7月10日

特別顕彰贈呈式

市では、学術、芸術、スポーツなどで顕著な功績を収め、市民に感銘を与えた市民や、市にゆかりのある個人・団体の栄誉を称えるため、狭山市特別顕彰を創設しました。
このたび、2017年9月にチェコで開催されたマトニ・ウスティ・ハーフマラソンと2018年2月に開催された東京マラソンでそれぞれ日本記録を更新し、史上初めてハーフとフルのマラソン競技で日本記録を樹立した、Honda陸上競技部所属の設楽悠太選手に第1号の特別顕彰を贈呈しました。
市民の誇りとなる設楽選手の活躍と第1号の特別顕彰贈呈に、会場は大きな喜びに包まれました。

日にち

2018年6月5日(火曜日)

場所

市役所4階市長応接室

特別顕彰受賞者

設楽悠太選手(Honda陸上競技部)

主な成績
主な成績
2016年 リオデジャネイロ・オリンピック出場
2017年 マトニ・ウスティ・ハーフマラソン2017(ハーフマラソン) 8位(日本記録)
2018年 東京マラソン2018(フルマラソン) 2位(日本記録)

贈呈式の様子

贈呈式では、小谷野市長から表彰状が贈られました。
市長から、「設楽選手を応援する15万3千人の市民からの表彰状だと思ってください。」との言葉に、
設楽選手は、「これもひとつのモチベーションとして、狭山市民のためにも記録更新を目指していきたい。皆さんの応援を力に変えて頑張ります。」と決意を語ってくださいました。

特別顕彰第1号設楽悠太選手(右)と小谷野市長(左)の写真特別顕彰第1号設楽悠太選手(右)と小谷野市長(左)

狭山市特別顕彰要綱

このページに関するお問い合わせは
総合政策部 秘書課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。