狭山市立図書館における新型コロナウィルス感染拡大防止対策

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年6月4日

狭山市立図書館では、予約資料の貸出を実施するにあたり、次のような感染拡大防止対策を行っています。ご理解とご協力をお願いします。

図書館が行う感染拡大防止対策

(1)発熱や風邪症状等の体調不良が見られる場合には来館を控えるよう依頼します。

(2)密閉空間を避けるため、適時適切な換気を行います。

(3)密集を避けるため、利用制限の設定と段階的な解除、利用者の滞在時間や入館・入室の制限、閲覧席の利用制限を行います。

(4)密接を避けるため、人と人との距離の確保に努めます。

(5)多くの人(職員含む)が触れるものについては、定期的な消毒を実施します。

(6)貸し出す図書、返却された図書については、表面をクリーナーで拭きます。返却された図書は、感染リスクの軽減のため、翌日以降に次の利用に供します。

(7)その他にも、次のような感染防止対策も行います。

  • 職員のマスク着用
  • 窓口にビニールカーテンなどを設置
  • ビニールカーテン等のないところでは、職員はフェイスシールドを着用
  • 職員の手指の洗浄
  • 館内公共スペースでの飲食禁止

来館する皆様へのお願いごと

来館される際は次の基本的な対策を実行していただきますようお願いします。

(1)来館前

  • 自宅で検温などの体調の確認

(2)来館時

  • マスクの着用(2歳以下の子どもを除く)
  • 手指の消毒(消毒液を設置します)
  • 読書前後の手洗い

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。