稲荷山北傾斜地のカタクリ

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年3月21日

薄紫に斜面を染める約6000本が春の訪れを告げます

稲荷山公園北側の斜面緑地では、毎年3月下旬ごろからカタクリが開花し始めます。この場所は、県内でも数少ないカタクリの自生群落地で、市内のボランティア団体「稲荷山・かたくりの会」が保護、PR活動を行っています。カタクリは、可憐な薄紫色の花で、早春に芽を出し、開花し、2か月たらずで地上から完全に姿を消してしまうことから、「春の妖精」とも呼ばれており、日の差す時間帯に花が開きます。

開花時期や場所など

開花時期

3月下旬から4月上旬

場所

稲荷山公園北側の斜面緑地沿い(見晴台下の道路沿い。狭山市入間川4丁目14番地)

駐車場

狭山稲荷山公園(狭山市稲荷山1丁目地内)

このページに関するお問い合わせは
生涯学習部 中央公民館

狭山市入間川1丁目3番1号

電話:04-2952-2230

FAX:04-2952-4137

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。