9月~11月 プログラミング体験をしよう(後期)を開催しました。

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2019年12月26日

2020年から小学校で必修化となるプログラミング教育を目前に、小学生を対象としたプログラミング講座を実施しています。
後期講座と題し、9月28日、10月23日、11月12日の計3回を実施しました。
2020年1月7日は、1年の総まとめとして、9時から15時の6時間の長時間に渡る講座を実施予定です。
なお、当講座は次年度も継続実施を予定しております。ぜひ、お問い合わせください。

9月28日(土曜日)の様子

12名の参加者で始まった後期講座。
インターネットやSNSの使い方の注意を東洋英和女学院大学 酒井先生から講義があり、グループワークなどを通じてプログラミングを扱うにあたり必須となるインターネットでの倫理観を養いました。
そのあと、実際にラズベリーパイ(小型のPCのようなもの)を使用して、センサーで匂いや距離、光などを感知するプログラミングを体験しました。

10月23日(土曜日)の様子

7名が参加した後期第2回では、スポンサー等の都合もあり、名前や写真、講座内容を詳しく掲載できませんが、
テレビゲーム等からプログラミングを考えてみる、という内容でした。
普段学校では絶対に体験できない内容なだけに、子どもたちも満足そうでした。

11月12日(火曜日)

Minecraftの教育課程バージョンを使用して、画像を自動で描画するプログラミングを実施しました。
実際にゲーム上で3軸の座標の確認や画像描画は、手伝うはずの大人でもいっぱいいっぱいに、メンターの必要性を感じます。
平日の夜ということもあり、参加者は5名と少ないものの、密度の高い講座となりました。

このページに関するお問い合わせは
生涯学習部 水富公民館

狭山市根岸2丁目17番13号

電話:04-2954-4730

FAX:04-2954-7885

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。