子どもの事故防止「あ!危ない」になる前に

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2014年10月22日

1年間で0歳では4人に1人、1歳から4歳では3人に1人が医療機関を受診するような事故に遭っています。事故で亡くなるお子さんも決して少なくありません。しかし、ちょっとした気配りで防げる事故も多くあります。
お子さんの健康な成長のために、ご家庭でも事故防止に取り組みましょう。

事故防止のページ

ご注意ください

浴槽での首掛け式浮き輪の事故が増えています。首掛け式乳幼児用浮き輪を浴槽で使用しているときに、親が目を離したすきに、子どもがおぼれる事故が発生しています。使用している子どもは楽しそうに見えますが、決して少しの時間だからと油断しないようにしましょう。

消費者庁メール配信サービス「子ども安全メールfrom消費者庁」(2014年10月16日Vol.209)

このページに関するお問い合わせは
長寿健康部 保健センター

狭山市狭山台3丁目24番地

電話:04-2959-5811

FAX:04-2959-3074

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。