児童福祉週間

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2021年1月12日

5月5日から11日は「児童福祉週間」です。

子どもや家庭、子どもの健やかな成長について国民全体で考えることを目的に、昭和22年から毎年、5月5日の「こどもの日」を中心に1週間を「児童福祉週間」と定めています。
この機会に、子どもたちの健やかな成長を願い、私たちにできることを考えてみましょう。

児童福祉の理念

「すべて国民は、児童が心身ともに健やかに生まれ、且つ、育成されるよう努めなければならない(児童福祉法第1条)」とうたわれています。この理念に基づき私たちは、次代を担う子どもたちが健やかに生まれ育つことのできる環境をつくっていく責任があります。

児童福祉週間の標語

・令和2年度「児童福祉週間」の標語が決定しました。
「やさしさにつつまれそだつやさしいこころ」北澤佳奈さん(13歳)
全国から応募された2,829作品の中から、上記の作品が最優秀作品に決定いたしました。
(主催:厚生労働省、社会福祉法人全国社会福祉協議会、公益財団法人児童育成協会)

このページに関するお問い合わせは
福祉こども部 こども支援課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。