児童手当

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2022年5月17日

児童手当は、家庭における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健全な成長に資することを目的として、児童を養育している方に支給しています。

1 支給対象

中学校卒業まで(15歳の誕生日後の最初の3月31日まで)のお子さんを養育している方
*お子さんを養育している方が「父・母」の場合は、「最も所得が多い方」が申請してください。
*お子さんを養育している方が「公務員」の場合は、職場で申請してください。

2 支給額(お子さん1人当たりの月額)

 お子さんの年齢が3歳未満3歳以上小学校卒業まで中学生
お子さんを養育している方の前年所得が「所得制限限度額」未満にある場合一律15,000円10,000円(第3子以降は15,000円)一律10,000円
「所得制限限度額」以上、「所得上限限度額」未満にある場合

児童手当「特例給付」として、一律5,000円

「所得上限限度額」以上にある場合支給対象外

*「お子さんを養育している方の前年所得」とは、1月から4月までに申請される場合にあっては、「前々年所得」に読み替えてください。
*「第3子以降」とは、高校卒業まで(18歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の養育しているお子さんのうち、3番目以降の方をいいます。

【参考】所得制限限度額・所得上限限度額早見表

所得制限限度額・所得上限限度額早見表(単位:万円)
扶養親族の数0人1人2人3人4人5人
例示(前年末にお子さんが生まれていない場合等)(前年末にお子さんを1人扶養している場合等)(前年末にお子さん1人と年収103万円以下の配偶者を扶養している場合等)(前年末にお子さん2人と年収103万円以下の配偶者を扶養している場合等)(前年末にお子さん3人と年収103万円以下の配偶者を扶養している場合等)(前年末にお子さん4人と年収103万円以下の配偶者を扶養している場合等)
所得制限限度額収入額の目安833.3875.6917.89601,0021,040
所得額622660698736774812
所得上限限度額収入額の目安1,0711,1241,1621,2001,2381,276
所得額8588969349721,0101,048

*「収入額の目安」は、給料収入のみで計算しています。あくまで「目安」であり、実際は給与所得控除や医療費控除、雑損控除等を控除した後の所得額を確認します。
*「扶養親族等の数」は、所得税法上の同一生計配偶者及び扶養親族(里親等に委託されているお子さんや施設に入所されているお子さんを除く。以下「扶養親族等」という。)並びに扶養親族等でないお子さんで、前年の12月31日において生計を維持した方の人数をいいます。扶養親族等の数に応じて、限度額(所得額ベース)は、1人につき38万円(扶養親族等が同一生計配偶者(70歳以上の者に限ります)または老人扶養親族であるときは44万円)を加算した額となります。

3 支給日

原則として、毎年6月、10月、2月の10日にそれぞれの前月分までの手当を支給します。
支給日が休日の場合は、直前の平日に支給します。

月分2101112
支給日6月10日10月10日2月10日

4 児童手当の支給に関するルール

  • 原則として、お子さんが国内に住んでいる場合に支給します。(留学のために海外に住んでいて一定の要件を満たす場合は、支給対象になります。)
  • 父母が離婚協議中等により、別居している場合は、お子さんと同居している方に支給できる場合がありますので、市にご相談ください。
  • 父母が海外に住んでいる場合、その父母が国内でお子さんを養育している方を指定すれば、その方(父母指定者)に支給します。
  • お子さんを養育している未成年後見人がいる場合は、その未成年後見人に支給します。
  • お子さんが里親等に委託されている場合や施設に入所している場合は、原則として、そのお子さんの里親等や施設の設置者に支給します。

5 児童手当の手続に関するルール

1人目のお子さんが生まれたとき・転入したとき

狭山市こども支援課(お子さんを養育している方が公務員の場合は職場)に対し、「児童手当認定請求書」の提出(申請)が必要です。申請者名義の振込先が分かるもの(キャッシュカード等)をご持参ください。市の認定を受ければ、原則として、申請した月の翌月分の手当から支給します。申請は、出生日や転入した日(異動日)から「15日以内」にお願いします。(申請が遅れると、遅れた月分の手当が受けられなくなる場合がありますので、ご注意ください。)

2人目以降のお子さんが生まれたとき

狭山市こども支援課(お子さんを養育している方が公務員の場合は職場)に対し、「児童手当額改定請求書」の提出(申請)が必要です。持参いただく書類はありません。市の認定を受ければ、原則として、申請した月の翌月分の手当から増額して支給します。申請は出生日から「15日以内」にお願いします。(申請が遅れると、遅れた月分の手当が受けられなくなる場合がありますので、ご注意ください。)

児童手当の支給が受けられない方の所得が下がり、支給対象となったとき

狭山市こども支援課(お子さんを養育している方が公務員の場合は職場)に対し、改めて「児童手当認定請求書」の提出(申請)が必要です。申請者名義の振込先が分かるもの(キャッシュカード等)をご持参ください。前年の所得が所得上限限度額未満(表面参照)にある場合は、5月中に申請いただき、6月分の手当から支給します。

6 こんなときは、児童手当の手続が必要です

  • お子さんがいなくなったとき(別居、死亡を含む。)
  • 受給者や配偶者、お子さんの住所が変わったとき(市外・海外転出を含む。)
  • 受給者や配偶者、お子さんの名前が変わったとき
  • 受給者が離婚・再婚したとき
  • 受給者の加入する年金が変わったとき

このページに関するお問い合わせは
こども支援部 こども支援課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2941-3069

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。