このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 市政
  • 子育て・教育
  • 学ぶ・楽しむ
  • 福祉・健康
  • 施設案内
  • 事業者の方へ
サイトメニューここまで
本文ここから

児童手当認定請求書

更新:2017年4月1日

申請書

用途

出生・転入等により、新たに受給資格が生じたとき

必要なもの

(1)印鑑(認印)
(2)請求者名義の普通預金の口座がわかるもの(預金通帳、キャッシュカード等)
※児童や配偶者の口座は登録できません。
(3)請求者が被用者(会社員等、厚生年金に加入している方)の場合は、請求者本人の健康保険証のコピー
※国民年金加入または年金未加入の方は不要です。
(4)認定請求する年の1月1日(1月~4月の認定請求は前年の1月1日)時点で、狭山市に住民登録のない方は所得に関する証明書
〇請求者の所得または課税証明書(扶養人数が記載されているもの)
〇配偶者の所得または課税証明書(配偶者が税法上の控除対象者になっている場合は不要)

必要な所得(課税)証明書 例:平成29年1月2日以降に転入された方
  必要な所得(課税)証明書 発行できる市区町村
H29.1~4月の認定請求
(事由発生が4月末で15日以内に申請をした場合を含む。)
H28年度(H27年中) H28.1.1の住民登録地
H29.5~H30.4月の認定請求 H29年度(H28年]中) H29.1.1の住民登録地

(5)児童と別居している等、請求者や児童の状況によって、別途で書類提出が必要な場合があります。詳しくは、こども課までお問い合わせください。

提出先

こども支援課

注意事項

 請求者は、児童を養育している生計中心である方(原則、所得の高い父または母)です。児童手当は認定請求をした月の翌月分からの支給となりますので、手続きが遅れた場合、手当を受けられない月が生じますのでご注意ください。ただし、出生日または転出予定日の翌日から15日以内に認定請求をすれば、出生日または転出予定日の翌月分から支給されます。
※必要書類が揃わない場合でも、出生日等の事実発生日の翌日から15日以内に必ず認定請求をしてください。不足している書類は後で提出することができます。

手数料

なし

郵送受付

可。郵便の到達日が申請受付日となります。不着・遅延の責任は負いませんので、なるべく窓口で手続きをしてください。

その他

地区センターで手続きをすることはできません。
公務員の方(郵政公社、独立行政法人等の職員を除く。)は、勤務先での手続きとなります。

PDF形式のファイルを開くにはAdobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

問い合わせ

福祉こども部 こども支援課 組織詳細へ
狭山市入間川1丁目23番5号
電話:04-2953-1111
FAX:04-2954-6262

問い合わせフォームメールへ(新規ウィンドウを開きます)

この情報は役に立ちましたか?

サブナビゲーションをとばしてフッターへ
ページTOPへ
 
以下フッターです。