Q.妊娠中・授乳中に受けないほうがいい予防接種はありますか?

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2023年3月10日

A.回答

ワクチンは製造方法によって、生ワクチンと不活化ワクチンがあります。生ワクチンはウイルスなどをそのまま使用するため、胎児に悪影響を与える可能性があり、妊娠中は接種できません。代表的な生ワクチンは、次のとおりです。
・BCG
・麻しん風しん
・水痘
・おたふく(流行性耳下腺炎)
・ロタウイルス
授乳中の予防接種は、生ワクチン・不活化ワクチンともに母乳の安全性に影響を与えないので、接種可能です。

このページに関するお問い合わせは
健康推進部 保健センター

狭山市狭山台3丁目24番地

電話:04-2959-5811

FAX:04-2959-3074

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。