予防接種

お母さんが赤ちゃんにプレゼントした病気に対する抵抗力(免疫)は、百日せきでは生後3か月までに、麻しん(はしか)では生後12か月までにほとんど自然に失われていきます。そのため、この時期を過ぎると、赤ちゃん自身で免疫をつくって病気を予防する必要があります。その助けとなるのが予防接種です。
予防接種の目的は、感染症にかかる前にワクチンによって免疫をつけ、感染症の発症を予防、または軽症化することです。
ワクチンで予防できる疾患(Vaccine Preventable Disease:VPD)に関しては、ワクチンによる抵抗力をつけることが望ましく、特に保育園や幼稚園など集団生活を始める前に、接種可能なワクチンを済ませておくことが重要です。
予防接種に対する正しい理解の下で、予防接種を受けましょう。

お知らせ

2019年4月1日以降の接種分から助成を行います。

風しんの公的接種を受ける機会のなかった成人男性を対象に、風しん抗体検査・予防接種が開始しました。

積極的な接種勧奨を再開しています。
2005年度から2009年度に予防接種の勧奨を差し控えていたため、影響を受けた方の接種方法を掲載しています。

妊娠を希望する16歳以上50歳未満の女性とその家族の方は、県が実施する「風しん抗体検査」を無料で受けることができます。

2013年6月14日より、積極的な接種勧奨を差し控えていますが、接種は可能です。希望する方は医師と相談し、有効性とリスクを十分理解した上で受けてください。

予防接種の種類

集団予防接種(保健センターで実施)

4月17日(金曜日)のBCG予防接種は国から「緊急事態宣言」が発令されたため延期し、6月30日(火曜日)の日程を追加し、対象者を振り替えて実施します。
なお、5月25日(月曜日)に緊急事態宣言は解除されましたが、引き続き新型コロナウイルス感染症拡大防止対策を行い、BCG予防接種を実施いたします。
実施日に体温を測定し、お子さんや保護者の方、同居のご家族に、37.5℃以上の発熱や体調不良がある場合は、接種日の変更をお願いします。また、ご来場の際には、お子さんと保護者の方を対象に、簡単な健康チェックを行います。
実施日5月29日(金曜日)対象者2019年10月から11月生まれのお子さん(10月生まれの方優先)
実施日6月30日(火曜日)対象者2019年11月から12月生まれのお子さん(11月生まれの方優先)
実施日7月6日(月曜日)対象者2019年12月から2020年1月生まれのお子さん(12月生まれの方優先)

  • 受付時間:10時から11時まで。
  • 持ち物:母子手帳・BCG予防接種予診票
  • 会場:狭山市保健センター

BCG予防接種は、結核性髄膜炎などの重症になりやすい乳幼児期の結核を防ぐ効果が確認されているため、生後1歳(誕生日の前日)までに受けることとなっています。1歳を過ぎると、任意接種となり、全額自己負担となります。対象日に都合が合わない場合は、1歳を超えないようにスケジュールを立てて、他の実施日にお越しください(予約不要)
集団予防接種の実施日に予定が合わない場合は、狭山市内の指定医療機関または、県内指定協力医(市外)で接種できます。ご不明な場合は、埼玉県医師会ホームページで確認するか、保健センターまでお問い合わせください。なお、医療機関で接種を希望する場合は、予約が必要となりますので、あらかじめ医療機関にご確認ください。

2020年度日程を掲載しています

個別予防接種(指定医療機関で接種)

接種を受けましょう

関連リンク(別ウインドウが開きます)

予防接種のスケジュールも掲載されています

このページに関するお問い合わせは
長寿健康部 保健センター

狭山市狭山台3丁目24番地

電話:04-2959-5811

FAX:04-2959-3074