日本脳炎予防接種

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年3月10日

日本脳炎はブタの中で増えたウイルスが蚊を媒介して感染する病気です。戸外に出るときにはできる限り長袖・長ズボンを着用するなど、日本脳炎ウイルスを持つ蚊に刺されないよう、気を付けましょう。

日本脳炎ワクチンの積極的な接種勧奨再開について

2005年度から2009年度まで、日本脳炎の予防接種後に重い病気になった事例があったことをきっかけに日本脳炎の予防接種のご案内を行いませんでした。その後、新たなワクチンが開発され、現在は日本脳炎の予防接種を通常どおり受けられるようになっています。
2005年度から2009年度に予防接種の勧奨を差し控えていたため、影響を受けた方の接種は生年月日により方法が異なります。下記より該当する方をご覧ください。

接種方法

接種間隔・接種年齢
回数 接種年齢 標準的な接種年齢
1期初回1回目 生後6か月以上7歳6か月未満 3歳

1期初回2回目
*1期初回1回目接種後6日以上、標準的には28日までの間隔をおいて接種

生後6か月以上7歳6か月未満 3歳

1期初回追加
*1期初回2回目接種後6か月以上、標準的にはおおむね1年の間隔をおいて接種

生後6か月以上7歳6か月未満 4歳
2期 満9歳以上13歳未満 満9歳から10歳になるまでの間

1期の接種間隔について

2005年度から2009年度に予防接種の勧奨を差し控えていたため、影響を受けた方の接種

1995年4月2日から2007年4月1日生まれの方

20歳の誕生日の前日までに、日本脳炎1期・2期の計4回を無料で接種できます。

2007年4月2日から2009年10月1日生まれの方

日本脳炎2期の対象時期(9歳から13歳未満)に、日本脳炎1期未接種分を無料で接種できます。

接種場所

市内指定医療機関
県内指定協力医⇒詳しくはこちら住所地外相互乗り入れ予防接種

予診票

日本脳炎2期の予診票は、満9歳になる誕生日の翌月に送付します
以前配布していた予診票も使用可能です。お手元になければ、市内指定医療機関に予備の予診票が設置してあります。事前に予防接種の予約をしていだき、その際に、お申し出ください。

注意事項

予防接種を受ける場合、原則保護者の同伴が必要です。13歳未満のお子さんで保護者以外の方が同伴する場合は、委任状が必要です。

このページに関するお問い合わせは
長寿健康部 保健センター

狭山市狭山台3丁目24番地

電話:04-2959-5811

FAX:04-2959-3074

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。