水痘(水ぼうそう)予防接種

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年3月10日

水ぼうそう:Varicella
2014年10月1日から水痘ワクチンが予防接種法に基づく定期予防接種となりました。
水痘は、水痘帯状疱疹(たいじょうほうしん)ウイルスによる感染症です。直接接触、飛沫、あるいは空気感染によって広がる、最も感染力の強い感染症の一つです。

接種方法

接種年齢

生後12か月から36か月(1歳~3歳)未満

接種回数

2回

接種方法

1回目:標準的には、生後12か月から15か月の間に接種
2回目:1回目終了後、6か月から12か月までの間隔をおいて接種

接種場所(予約が必要です)

市内指定医療機関
県内指定協力医⇒詳しくはこちら住所地外相互乗り入れ予防接種

注意事項

既に水痘にかかったことが明らかな方は対象外となりますのでご注意ください。

このページに関するお問い合わせは
長寿健康部 保健センター

狭山市狭山台3丁目24番地

電話:04-2959-5811

FAX:04-2959-3074

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。