予防接種の間隔

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年9月30日

2020年10月1日より、異なるワクチン間の接種間隔が一部変更されます。

異なるワクチンを接種する場合の接種間隔について(変更のお知らせ)

接種間隔が一部改正されます

異なるワクチンを接種する場合、接種してから次のワクチンを接種するまでに、生ワクチンなら接種してから27日以上、不活化ワクチンなら接種してから6日以上の間隔をあけなければならないというように、一定の間隔をあける必要がありました。
しかしこの度の予防接種実施要領の改正に伴い、2020年10月から、その制限が一部緩和されることとなりました。今後は注射生ワクチンから注射生ワクチンの接種のみ、接種してから27日以上あけることとしその他のワクチンについては制限がなくなりました。
同一ワクチンを複数回接種する際の接種間隔は従来どおりとなりますのでご注意ください。ご不明な点は、かかりつけ医にご相談ください。

接種間隔の変更点

注射生ワクチン接種後27日以上あけて注射生ワクチンを接種する。注射生ワクチン接種後経口生ワクチンと不活化ワクチンの接種制限なし。経口生ワクチン接種後注射生ワクチンと経口生ワクチンと不活化ワクチンの接種間隔の制限なし。不活化ワクチン接種後の注射生ワクチンと経口生ワクチンと不活化ワクチンの接種間隔の接種制限なし。接種間隔の変更

同じワクチンを複数回接種する場合には、それぞれに定められた間隔・期間がありますので、誤らないようにしてください。
詳しくはこちら⇒ロタウイルスヒブ小児用肺炎球菌4種混合B型肝炎日本脳炎子宮頸(けい)がん水痘(水ぼうそう)/

このページに関するお問い合わせは
長寿健康部 保健センター

狭山市狭山台3丁目24番地

電話:04-2959-5811

FAX:04-2959-3074

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。