造血幹細胞移植後の任意予防接種費用の助成制度

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2021年3月5日

骨髄移植等の造血幹細胞移植により、移植前に接種した予防接種の効果が期待できないと医師に判断され、必要な予防接種を任意接種として再接種をされた20歳未満の方について、接種料金の実費分を助成します。助成を希望される方は、保健センターまでお問合せください。なお、申請には主治医が記載した「狭山市特別の理由による任意接種が必要である理由書」などが必要です。


このページに関するお問い合わせは
長寿健康部 保健センター

狭山市狭山台3丁目24番地

電話:04-2959-5811

FAX:04-2959-3074

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。