予防接種前後の体調と注意

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年3月10日

予防接種を受ける前の注意事項

予防接種に行く前のチェック

  1. お子さんの体調はよいですか
  2. 今日受ける予防接種について、必要性、効果及び副反応など理解していますか
  3. 母子健康手帳は持ちましたか
  4. 予診票の記入は済みましたか
  5. 同伴する方が保護者以外の場合は、委任状が必要です。必要な方は、用意しましたか

予防接種を受けることができない人

  • 明らかに発熱のあるお子さん(一般的に、接種会場で測定した体温が37.5℃以上の場合をさします。)
  • 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかなお子さん
  • その日に受ける予防接種の接種液に含まれる成分で、アナフィラキシーショック(激しい全身反応)を起こしたことのあるお子さん
  • 麻しん風しん混合、麻しん(はしか)、風しん、子宮頸がん予防ワクチンの予防接種の対象者で妊娠していることが明らかな人
  • BCG接種の場合、外傷などによるケロイドが認められるお子さん
  • その他、医師が不適当な状態と判断した場合

予防接種を受けるに際し、医師とよく相談しなくてはならない人

以下に書いてあることに当てはまる人は、主治医の先生がある場合には必ず前もって診ていただき、予防接種を受けてよいかどうかを判断してもらいましょう。受ける場合には、その先生のところで接種してもらうか、診断書または意見書をもらってから接種に行きましょう。

  • 心臓病、腎臓病、肝臓病や血液の病気や発育などで治療を受けているお子さん
  • 前に予防接種を受けたとき、2日以内に発熱、発しん、じんましんなどアレルギーを思われる異常がみられたお子さん
  • 過去にけいれん(ひきつけ)を起こしたことのあるお子さん
  • 過去に免疫不全の診断がなされているお子さん及び近親者に先天性免疫不全症の方がいるお子さん(たとえば、赤ちゃんの頃、肛門のまわりにおできを繰り返すようなことがあった方の場合)
  • ワクチンにはその製造過程における培養に使う卵の成分、抗生物質、安定剤などが入っていますので、これらにアレルギーがあると言われたことのあるお子さん
  • BCG接種の場合、家族に結核の人がいて長期に接触があったなど、既に結核に感染している疑いのあるお子さん
  • 日本脳炎予防接種の対象者で妊娠していることが明らかな人

予防接種を受けた後の注意事項

  • 接種した部分が赤くなったり、痛んだり、また軽いだるさ、発熱などを覚えることがあります。接種後万一、高熱やけいれんなどの症状があらわれた場合は、すみやかに医師の診察を受けてください。接種後、生ワクチン(BCG麻しん風しん混合水痘)では2週間~3週間、不活化ワクチン(B型肝炎4種混合日本脳炎ヒブ小児用肺炎球菌子宮頸がん予防)では24時間は副反応の出現に注意していきましょう。
  • 予防接種を受けた後30分間は、接種会場でお子さんの様子を観察するか、先生とすぐに連絡をとれるようにしておきましょう。急な副反応は、この間に起こることがあります。
  • 入浴は差し支えありませんが、わざと接種した部位をこすらないように注意しましょう。
  • 接種当日は、いつも通りの生活をしましょう。激しい運動はさけましょう。

このページに関するお問い合わせは
長寿健康部 保健センター

狭山市狭山台3丁目24番地

電話:04-2959-5811

FAX:04-2959-3074

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。