八幡神社鹿子舞

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2011年3月1日

 毎年、9月中旬頃の土曜日・日曜日に 、八幡神社の鹿子舞(ししまい)が、入間川地区 で行われます。
 この鹿子舞は、県内全域で行われている一人立ち獅子舞のひとつであり、太鼓を叩きながら三人一組になって踊る三匹獅子舞のかたちをとっています。
 当日は、両日にわたり、鹿子舞の一行が地区内にある神社・寺院をまわって、舞いを奉納しながらねり歩きます。一日目と二日目にまわるところは変わりますが、奉納が行われる神社・寺院では、大勢の人たちが集まり、鹿子舞を迎え入れます。
 入間川地区内の長栄寺での奉納舞いの後には、「各盞(かくさん)の儀」という儀式が行われます。これは、次回の儀式が来年も必ず行われるように約束をするという意味をもっています。

場所

伝承地
狭山市入間川3丁目6番14号
八幡神社

関連項目

社寺

このページに関するお問い合わせは
生涯学習部 社会教育課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-8671

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。