もしかしたら高次脳機能障害

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年1月27日

交通事故などによる頭部外傷や脳出血・脳梗塞などの脳血管疾患、その他の病気により脳が損傷を受けると、身体の障害とは別に、思考や記憶、注意、言語などの脳機能の一部に障害が起きることがあります。これが、高次脳機能障害です。

障害の状態

次のような状態が単独又は重複して出現し、表れる程度にも強弱があります。

記憶障害

・物の置き場所を忘れる
・新しい出来事を覚えられない
・同じことを繰り返し質問する

注意障害

・ぼんやりしていてミスが多い
・複数のことを同時に行うと混乱する
・作業を長く続けられない

遂行機能障害

・計画を立てて物事を実行することができない
・人に指示してもらわないと何もできない
・約束時間に間に合わない

社会的行動障害

・興奮する、暴力を振るう
・思い通りにならないと大声を出す
・自己中心的になる

失語症

・口やのどには障害がないのに、言葉が出てこない
・聴力や記憶力には問題がないのに、言葉の意味が分からない

失行症

・手や指に障害がなく、記憶力にも問題はないのに、食事や字を書く、衣服を着るといった、日常的な行動ができない

高次脳機能障害者への支援

このページに関するお問い合わせは
福祉こども部 障害者福祉課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。