講演会「生まれ育った土地と小説」(青木淳悟氏・滝口悠生氏)※定員に達したため受付は締め切りました

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2022年10月16日

狭山市出身の三島由紀夫賞受賞作家・青木淳悟氏と入間市出身の芥川賞受賞作家・滝口悠生氏による対談講演会の案内です。

日時

2022年10月23日(日曜日) 14時から16時まで

場所

中央図書館4階 視聴覚室

内容

狭山市出身の三島由紀夫賞受賞作家・青木淳悟氏と入間市出身の芥川賞受賞作家・滝口悠生氏による対談形式の講演会です。

青木 淳悟 (あおき じゅんご)

小説家
1979年 埼玉県狭山市生まれ
2003年 『四十日と四十夜のメルヘン』で新潮新人賞を受賞
2005年 同作を収めた作品集『四十日と四十夜のメルヘン』で野間文芸新人賞を受賞
2012年 『私のいない高校』で第25回三島由紀夫賞受賞
2015年 『学校の近くの家』で、入曽地区にある設定の小学校に通う5年生の目をとおして、1990年前後の狭山市の小学生の独特な世界を描く。

滝口 悠生 (たきぐち ゆうしょう)

小説家
1982年 東京都八丈島生まれ、埼玉県入間市で育つ。
2011年 秋津を舞台にした『楽器』で第43回新潮新人賞を受賞
2015年 『愛と人生』で第37回野間文芸新人賞を受賞
2016年 『死んでいない者』で第154回芥川賞を受賞
西武池袋線沿線を舞台にした作品を数々執筆
『BRUTUS 2018年3月15日号』で青木氏と「西武線と文学。」で対談

対象

どなたでも

定員

40名

費用

無料

申し込み ※定員に達したため受付は締め切りました。たくさんのお申し込みありがとうございました。

2022年10月4日(火曜日)の9時30分から
中央図書館(04-2954-4646)へ電話、または来館にて受付

お願い

  • お申し込みの際に、氏名と連絡先をお伺いします。万が一参加者に感染が判明した場合に、連絡を取らせていただいたり、保健所等の専門機関に情報提供を行ったりするために使用します。
  • 参加者本人、または同居家族に風邪症状など(37.5度以上の発熱、または平熱と比べて1度を超える発熱、のどの痛み、咳、強いだるさ、息苦しさなどの体調不良)がある場合は参加をお控えください。
  • 講演中含め、図書館内ではマスクの着用をお願いします。
  • 当日、受付での検温と手指消毒へのご協力をお願いします。その際に、37.5度以上の発熱、または平熱と比べて1度を超える発熱があった場合には、参加をお断りいたします。

関連情報

中央図書館3階(一般書フロア)にて、青木氏と滝口氏の著書などを集めた展示を予定しています。

このページに関するお問い合わせは
生涯学習部 中央図書館

狭山市入間川2丁目2番25号

電話:04-2954-4646

FAX:04-2954-0419

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。