市営住宅空室改修の取り組み

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2021年5月14日

生活様式の変化に対応した空室改修の事例紹介

 市は、1971年(昭和46年)から2017年(平成29年)に竣工した16団地を管理しています。建設から長期間経過している住宅もあることから、生活様式の変化に対応した空室改修を行っています。

和室の洋室化

 建設年度の古い団地には、和室が多く設定されています。しかし生活様式の変化により、洋室の需要が高まっていることをうけ、和室のうち1室の洋室化を進めています。※新規入居住宅に限る

改修例

改修実績

平成30年度実績 平成31年度実績 令和2年度実績
9件 14件 13件

浴槽・風呂釜の設置

 1971年(昭和46年)から1982年(昭和57年)に竣工した10団地(390戸)については、入居者が入居時に浴槽・風呂釜を設置していましたが、平成30年度以降に入居の申込みをした新規入居者と、設置希望の入居者には、順次浴槽・風呂釜の設置工事を行っています。

改修例

設置実績

平成30年度実績 平成31年度実績 令和2年度実績
11件 20件 20件

このページに関するお問い合わせは
都市建設部 住宅営繕課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。