Q.自宅に野生動物(アライグマ・ハクビシン等)が侵入し困っているのですが。

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2015年9月3日

A.回答

近年、市内で野生動物が家屋へ侵入する被害が発生しています。
このような被害を防ぐためには、

  • 餌となるようなものを建物周囲に放置しない(餌付けは絶対にやめてください)
  • 侵入口になる隙間を塞ぐ

などの対策をお願いいたします。

アライグマによる被害の場合

市では、「埼玉県アライグマ防除実施計画」に基づき、アライグマの防除対策を実施しております。
アライグマは、見かけによらず凶暴な性質です。見かけた場合は、近寄らず環境課環境推進担当までご連絡ください。

ハクビシンによる被害の場合

ハクビシンは、「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律」により保護されていますが、市から有害鳥獣捕獲許可を受けたうえで捕獲・駆除することができます。
市では捕獲許可の申請受付を行っていますが、捕獲等は行っておりませんのでご理解ください。
なお、捕獲には狩猟免許等が必要になる場合がありますので、専門業者へ相談することをお勧めいたします。

アライグマ

頭胴長(鼻からおしりまで)40~60センチメートル、体重6~10キログラムの中型哺乳類です。姿はタヌキに似ていますが、縞模様の長いしっぽが特長です。
なお、アライグマは、「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」(外来生物法)の特定外来生物に指定されており、飼育・保管・運搬・放獣等が原則禁止されています。

ハクビシン

鼻から頭にかけて白い縦線があるのが特徴。
頭胴長47~54センチメートルで、体重は約4キログラム

このページに関するお問い合わせは
環境経済部 環境課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。