新型コロナウイルス感染症に伴う子どもの予防接種

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2021年3月10日

新型コロナウイルス対策が気になる保護者の方へ

新型コロナウイルス感染症が発生していますが、予防接種のタイミングは感染症にかかりやすい年齢をもとに決められています。特に乳幼児の予防接種を遅らせると、免疫がつくのが遅れ、重い感染症になるリスクが高まります。
お子さまの健康が気になるときだからこそ、予防接種は遅らせずに、予定通り受けましょう。


なぜ、予防接種や乳幼児健康診査を遅らせないほうがいいの?

  • 予防接種のタイミングは、感染症にかかりやすい年齢をもとに決められています。
  • 生後2か月から予防接種を受け始めることは、お母さんからもらった免疫が減っていくときに、赤ちゃんがかかりやすい感染症(百日せき、細菌性髄膜炎など)から赤ちゃんを守るためにとても大切です。

予防接種に赤ちゃんを連れて行っても大丈夫?

  • 医療機関は接種を行う時間や場所に配慮し、換気や消毒を行うなど、新型コロナウイルス感染症の感染防止対策に努めています。
  • 予防接種はできるだけ事前に予約しましょう。一般の受診患者と別の時間や場所で受けられる医療機関もあります。
  • 受診の前には、体温を測定するなど、体調に問題がないことを確認してください(※)。家に帰ったら、赤ちゃん、保護者とも、手洗いなどの感染対策をしっかりしましょう。また、予防接種を受けた日もお風呂に入れます。

※体調が悪い時は、感染症を周りの人に感染させるおそれがあるので、予防接種に行くことはやめましょう。元気になったらあらためて予定を立ててください。


新型コロナの流行で予防接種を受けそびれました。どうすればいい?

  • 受けそびれてしまった場合は、できるだけ早く受けましょう。
  • 子どもの予防接種は、決して「不要不急」ではありません。まだ、接種期間内の方は、お早めに接種をおすませください。

厚生労働省ホームページ 遅らせないで!子どもの予防接種と乳幼児健診

このページに関するお問い合わせは
長寿健康部 保健センター

狭山市狭山台3丁目24番地

電話:04-2959-5811

FAX:04-2959-3074

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。