振り込め詐欺にご注意ください!

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2022年5月11日

市内での被害状況

2022年4月中、狭山市内において1件の被害が発生しました。

  1. 息子になりすました者から、「俺だけど、会社の書類を間違え、100万円必要になった。用意できないか。また電話する。」と電話があり、その後上司を名乗る男から「100万円用意できましたか。これから取りに行きます。」と電話があり、自宅付近道路において受け取りに来た男に現金100万円を渡してしまった。

振り込め詐欺の被害状況(年間)埼玉県警察特殊詐欺総合対策本部調べ(暫定値)

  件数 金額(単位:千円)
狭山市 入間市 狭山市 入間市

2021年

19 22 46,090 38,080

2020年

33

27

82,350 37,820

2019年

44 53 53,790 51,890

振り込め詐欺の被害状況(2022年月別)狭山警察署統計資料(暫定値)

 件数金額(単位:千円)
狭山市入間市狭山市入間市
4月131,0003,300

3月

334,97010,940

2月

5

2

4,7201,600

1月

201,2000

振り込め詐欺犯からの電話に出ないために

振り込め詐欺の手口について事前に知っていても、電話口で突然話が始まってしまうと、つい冷静さを失い犯人の演技にだまされてしまいます。むしろ、被害に遭った方の多くが「自分はだまされない」と思っていた、という傾向があります。

留守番電話に設定することが一番簡単な対策です

犯人は自分の声が録音されることを嫌がります。留守番電話の対応音声でも十分効果があります。
また、誰からの電話なのかいったん確認できるので安心です。

振り込め詐欺対策機器

最近の電話機には、電話に出る前に相手を確認できたり、登録した番号以外は着信を拒否できる機能を備えたものがあります。
また、既存の電話機に後付けで取りつける対策機器もあり、電話がかかってくると通話内容を自動録音するメッセージを流し、実際に録音することができます。振り込め詐欺だけでなく、悪質なセールスや勧誘電話にも効果的です。
このほか、警察等から提供された情報と連携し、迷惑電話がかかってくると警告サインを出し、自動で着信を拒否してくれる迷惑電話チェッカーもあります。
詳しくは、埼玉県の振り込め詐欺対策機器の紹介ページをご覧ください。

振り込め詐欺の「手口」

手口 犯行事例
息子や孫を装う

■「今、大宮にいる。後で知り合いが行くから、お金を貸して」
■「鞄を失くした。鞄を盗られた。電話に出て。」
■「生命保険の書類が自宅に届いていないか」
■「会社の損失金の穴埋めでお金が必要だ。現金をおろしてほしい。代わりの人が取りに行く」
■「会社のお金を使い込んだ」
■「交通事故を起こしてしまい被害者から訴えられた」
■「今日中に返済しないと会社をクビになる」
などと言葉巧みにお金を要求します。

警察官や銀行員を
装う

■「落し物が届いているので、名前と生年月日を教えてください」
■「名簿が漏れている。個人情報データを消すためにお金が必要だ」
■「あなたの口座が振り込め詐欺に使われています」
■「あなたの個人情報が漏れています」
■「現在のキャッシュカードは使えなくなる」
など話した後、言葉巧みに暗証番号を聞き出しキャッシュカードを騙し取ります。

市職員等を装う

■「医療費の払い戻しがあります。口座に振り込むので、携帯電話を持ったままATMに行き、私の言うとおりにATMを操作してください」
■「年金受給者の統計を行っているが、アンケートに協力してほしい」
■「過去5年分の医療費の過払い金の還付がある。口座のある銀行を教えてほしい」
などと言葉巧みに誘導して犯人の口座へ現金を振り込ませます。

(だま)しのテクニック

「携帯電話の番号が変わった」「風邪をひいて声が変」は要注意

家族を装うパターンの予兆電話としてよくつかわれます。警戒心が解けたころ、お金を要求する電話をかけてきます。

劇団型犯罪

警察官や駅員、交通事故の当事者など複数の人間が登場し、もっともらしい話を展開します。
入れ替わりで電話をかけることにより冷静に考える余裕を与えない状況を作り出します。

被害に遭わないために

動揺しない、慌てない

電話を切った後、すぐ事実確認する(裏を取る)気持ちで。

エクスパックで現金を送ることは禁じられています。
ATMで還付金は受け取れません。
警察、銀行、公的機関の職員などがキャッシュカードを取りに行くことは絶対にありえません。

不審な電話があったときにご活用ください

すぐにお金を送らない、渡さない、振り込まない

お金を振り込む前に自分の家族や親戚、または警察に相談してください。
代理の者へは絶対にお金を渡さないでください(受取人は犯人です)。

被害防止策

各手口共通

  1. 自宅電話機をナンバーディスプレイ機能付き電話機に買い替える。
  2. 非通知電話を拒否設定する。
  3. 知らない電話番号からの電話には出ない。

オレオレ詐欺

  1. 家族の中で合言葉を決めて、家族から電話があった場合は、あらかじめ決めた合言葉を確認する。
  2. 現金やキャッシュカードを家族以外の人に渡さない。

還付金詐欺

  1. 電話で市役所や金融機関などの名前が出たらすぐに信用せず、担当者の名前を聞き、電話帳や広報紙で調べた電話番号にかけなおす。
  2. 電話で「年金」、「税金」、「医療費」などのお金の話が出たら家族や警察に相談する。

架空料金請求詐欺

  1. 身に覚えのないメールに返信したり、不審な電話勧誘には応じず、まずは家族に相談する。
  2. スマートフォンの迷惑メール拒否設定やウイルス対策ソフト等を活用する。

不審に思ったら、すぐ警察へ

振り込め詐欺に関するお問い合わせやご相談

埼玉県警察狭山警察署生活安全課
電話:04-2953-0110(代表)

関係リンク

このページに関するお問い合わせは
市民部 交通防犯課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2937-6641

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。