梅宮神社と安産の砂

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2011年3月1日

画:梅宮神社と安産の砂

 埼玉県指定無形民俗文化財の「甘酒祭り」で知られている、上奥富(かみおくとみ)梅宮(うめのみや)神社は、京都の梅宮大社とのつながりがあるといわれ、市内でも有数の古い歴史がある神社です。
 それだけに、昔から参詣者(おまいりをする人のこと)もたくさんいて、たいそうにぎわっていました。特に、梅宮神社には安産の霊験(れいげん)(神さまの不思議なごりやくのこと)があらたかだという言い伝えがあり、女人のお参りは、あとをたたなかったといわれています。
 それは、懐妊(かいにん)(赤ちゃんができること)した女の人たちが梅宮神社に来て、神さまに一心にお祈りをして、社殿(しゃでん)(神さまをまつった建物のこと)の下にある砂をすこしいただき、紙につつんで家に持ち帰ります。
 そして、夜ねるときに自分のまくらの下に入れ「どうか、無事にじょうぶな赤ちゃんが産まれますように」とお祈りをしてやすみます。やがて願いごとがかない、無事赤ちゃんが産まれたら、まくらの下にしいていた砂を梅宮神社へ持っていき、もとの社殿の下に、おかえしをするしきたりになっています。
 この安産(無事に赤ちゃんが産まれること)の願かけ(神さまにお願いをすること)は、新しくお嫁さんにきた人にもひきつがれ、今もつづいています。

このページに関するお問い合わせは
総合政策部 広報課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。