避難情報等が変わりました

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2021年5月20日

「令和元年台風第19号(令和元年東日本台風)」では、東日本の1都12県309市区町村に大雨特別警報が発令され、多くの地域で1日の降水量が観測史上1位を更新するなど記録的な大雨となり、河川の決壊や土砂災害など、各地で甚大な被害が発生しました。
このような豪雨において、避難をしなかった・避難が遅れたことによる被災や豪雨・浸水時の屋外移動中の被災、また高齢者等の被災が多かったことを受け、国が、警戒レベルの見直しを行い、2021年(令和3年)5月に「避難情報に関するガイドライン」を改定しました。

新たな避難情報等

警戒レベル別避難情報

●警戒レベル5では、「緊急安全確保」
災害が発生・切迫し、避難場所等への避難がかえって危険であると考えられる場合に直ちに安全確保をしてください。

警戒レベル4の避難勧告と避難指示(緊急)については、「避難指示」に一本化
これまでの避難勧告のタイミングで避難指示が発令されます。

●警戒レベル3は、「高齢者等避難」
高齢者等※は、危険な場所から避難しましょう。
また、高齢者等以外の人も避難の準備をしたり、危険を感じたら自主的に避難してください。
※避難を完了させるのに時間を要する在宅又は施設利用者の高齢者及び障害のある人等、及びその人の避難を支援する者

災害対策基本法が2021年(令和3年)5月に改正されたことを受け、内閣府は、これまでの「避難勧告等に関するガイドライン」を名称を含め改定し、「避難情報に関するガイドライン」として公表しています。

このページに関するお問い合わせは
市民部 危機管理課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。