常泉寺観音堂

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2011年3月1日

常泉寺観音堂

当観音堂についての古事記等はなく、創立年紀は不詳ですが、建仁2年(1202年)9月創立という言い伝えが残っています。
境内にも文保2年(1318年)の文字がわずかに残っている古い碑が残っています。また、観音堂の横には古くから「堀カ子ノ井(ほりかねのい)」があったとのことです。※入間郡には「堀難井」と呼ばれる大型の井戸が点在していますが、観音堂横の七曲井はそのうちのひとつです。
むかし武蔵野は乾燥しやすい地で、水脈が深く数十丈という深さに至らないと水を得ることが出来ませんでした。文保2年(1318年)の大干ばつの時、地域の人々が観音様に祈り、古井戸を(さら)うと清水がコンコンと湧いてきたそうです。このことによって観音様は、一層大切に崇敬されたとのことです。
井戸跡は現在も残っており、観音堂も寛政4年(1463年)の建立碑と宝永5年(1708年)2月の再建碑が残っています。観音堂の裏に隣接しています「七曲井」は、県指定文化財で、観音堂の中に安置されている本尊の「木造聖観世音菩薩坐像」は市指定文化財です。
毎年1月11日に「観音待ち」と呼ばれるお祭りが行われ、市指定文化財の入曽囃子が上演されます。

  • 本尊:聖観世音菩薩(しょうかんぜおんぼさつ)

場所

所在地
狭山市大字北入曽1366番地
常泉寺観音堂

関連項目

社寺

指定文化財

歳時記

民話・伝承

お囃子

このページに関するお問い合わせは
生涯学習部 社会教育課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-8671

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。