お諏訪さまのなすとっかえ(諏訪神社)

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2011年3月1日

夏休みの終わりごろに入間川4丁目にある諏訪神社では、市指定無形民俗文化財である「お諏訪さまのなすとっかえ」という行事が、地域の夏祭りと併せて行われます。
当日は13時半から神事が行われ、献上されている茄子(なす)祝詞(のりと)が上げられ、氏子や自治会の方が玉串を奉納します。神事が終わると本殿では、「なすとっかえ」が行われるのですが、数年前から取りかえは行われず、「厄除けのなす」として、販売しています。
15時からは、子ども神輿が担がれ、「わっしょい」と大きな掛け声とともに地区内を練り歩き、1時間半ほどかけて、諏訪神社に戻ってくると、地元子ども会の出店が開かれ、お祭りが始まります。
また、陽も沈み始めた頃には、境内の中心に建てられたやぐらのまわりで奉納踊りが行われます。

場所

伝承地
狭山市入間川4丁目2番1号付近
諏訪神社

関連項目

社寺

このページに関するお問い合わせは
生涯学習部 社会教育課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-8671

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。