笹井柏原線

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2018年3月6日

笹井柏原線は上広瀬地内の熊谷入間線(国道407号)を起点とし、上諏訪下広瀬線、工業団地日高線を経由して、柏原地内で東京狭山線に接続する道路です。主要幹線道路である国道407号と東京狭山線の機能を補完し、狭山工業団地へのアクセス向上、周辺地域の渋滞解消と土地利用促進が期待される幹線道路です。
狭山市では2017年12月に未整備区間である国道407号から上広瀬土地区画整理区域境までの約590メートル区間(西側区間)の都市計画変更が完了しました。今後、2018年度より用地取得に着手し、道路整備を推進します。
また、工業団地日高線から東京狭山線に向かう約420メートルの区間(東側区間)についても、道路整備を推進します。

事業概要

西側区間

  • 起点:狭山市大字下広瀬字西原603番1
  • 終点:狭山市大字上広瀬字上ノ原1335番
  • 延長:約590メートル
  • 幅員:12~15メートル(歩道2.5メートル)
  • 車線:2車線

東側区間

  • 起点:狭山市大字柏原字森ノ上230番5
  • 終点:狭山市大字柏原字富士塚292番4
  • 延長:約420メートル
  • 幅員:12~15.5メートル(歩道2.5メートル)
  • 車線:2車線

道路断面図(幅員12メートルの箇所)

図 笹井柏原線道路断面図道路標準部の構造

地図

位置図

図 笹井柏原線位置図

計画図

このページに関するお問い合わせは
都市建設部 街路整備課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。