Q.子宮がん検診の頸部と体部では、何が違うのですか。

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2014年3月10日

A.回答

検査をする部位が異なります。
頸部は子宮の入り口部分、体部は子宮の奥部分を指します。検査は、どちらも細胞診といって、表面から綿棒などでこすりとった細胞を顕微鏡で調べるものです。
子宮頸部のがんは30歳代から40歳代で多く診断されています。また、体部のがんは50歳代から60歳代で多く診断されており、閉経以降にリスクが高くなると言われています。このため、各検診の対象年齢を、頸部検診は20歳以上の方、頸体部検診は50歳以上の方としています。

関連情報

このページに関するお問い合わせは
長寿健康部 保健センター

狭山市狭山台3丁目24番地

電話:04-2959-5811

FAX:04-2959-3074

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。