天王さま(野々宮神社)

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2011年3月1日

入曽地区では、7月中旬に野々宮神社で「天王さま」の夏まつりが行われます。※交通規制等で行われない年もあります。
取材を行った当日は、天気もよく大勢の人が集まりました。
「天王さま」とは、明治40年に野々宮神社と合祀した八雲神社のおまつりで、地元の大人たちが、神社のお神輿を担いで入曽地区をねり歩きます。
お神輿とは、神社へなかなかお参りに行けない人たちのために、各地区を神社(お神輿)が移動して回るもので、各地域の人や子どもたちは、お神輿がやってくるのを毎年楽しみにしています。
野々宮神社を出発する際、怪我や事故が起きないように御神木である大公孫樹(おおいちょう)の周りを3周してから北上地区→御狩場地区→中原地区→入曽第1区→水押地区と各自治会館などを入曽囃子保存会の山車とねり歩き、野々宮神社に戻ります。
出発時と同様に無事に戻ってこれた事を報告するため、御神木の周りを3周まわると、お神輿を本殿へ戻し、夏まつりは終わります。

場所

所在地
狭山市大字北入曽274番地の1
野々宮神社

関連項目

社寺

お囃子

このページに関するお問い合わせは
生涯学習部 社会教育課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-8671

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。