天王さま(八幡神社)

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2011年3月1日

八幡神社の境内社に八雲神社があり、毎年7月中旬の日曜日に「天王さま」の夏まつりが行われ、お神輿が担がれています。
狭山市では、広瀬神社の神輿が市指定文化財となっていますが、入間川のお神輿は、狭山市の中でも群を抜いて大きく、重量も400キロを超えるほどです。
お神輿は八雲神社の中に納められており、安永2年(1773)6月の造営です。屋根には、「ともえ」と寺紋の「(まんじ)」が描かれています。
卍については、明治時代の神仏分離で廃寺となった成円寺(現中央公民館敷地に合った)の頃からの存在を意味し、その古さを伝えています。

場所

所在地
狭山市入間川3丁目6番14号
八幡神社境内社八雲神社

関連項目

社寺

このページに関するお問い合わせは
生涯学習部 社会教育課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-8671

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。