軽自動車税環境性能割とは

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年3月19日

2019年10月1日より、自動車取得税(県税)が廃止され、軽自動車税において、環境性能割が導入されました。
軽自動車税環境性能割は、2019年10月1日以降に軽自動車を取得した場合に適用され、新車・中古車を問わず、通常の取得額が50万円を超える車両が対象になります。また、軽自動車税環境性能割は市税となりますが、当分の間は県が賦課徴収を行います。

軽自動車税環境性能割の税率

軽自動車税環境性能割の税率は燃費性能等に応じて決まります。新車・中古車を問わず対象となります。

軽自動車税環境性能割(乗用)の税率
環境性能による区分 自家用 営業用
電気自動車、燃料電池自動車、天然ガス自動車(※1) 非課税 非課税
★★★★かつ2020年度燃費基準+20%達成車 非課税 非課税
★★★★かつ2020年度燃費基準+10%達成車 非課税 非課税
★★★★かつ2020年度燃費基準達成車 1% 0.5%
★★★★かつ2015年度燃費基準+10%達成車 2% 1%
上記以外 2% 2%

※1:2018年排出ガス基準適合(3.5トン以下の自動車)又は2009年排出ガス基準NOx10%低減達成車

軽自動車税環境性能割(貨物)の税率
環境性能による区分 自家用 営業用
電気自動車、燃料電池自動車、天然ガス自動車(※1) 非課税 非課税
★★★★かつ2015年度燃費基準20%向上達成車 非課税 非課税
★★★★かつ2015年度燃費基準15%向上達成車 1% 0.5%
★★★★かつ2015年度燃費基準10%向上達成車 2% 1%
上記以外 2% 2%

※1:2018年排出ガス基準適合(3.5トン以下の自動車)又は2009年排出ガス基準NOx10%低減達成車

軽自動車税環境性能割の臨時的軽減

2019年10月1日から2020年9月30日までの間に自家用乗用車を取得した場合、軽自動車税環境性能割の税率が1%分軽減されます。新車・中古車を問わず対象となります。

軽自動車税環境性能割の臨時的軽減税率
通常の税率 臨時的軽減後の税率
(2019年10月1日から2020年9月30日までの取得)
非課税 非課税
1% 非課税
2% 1%

外部リンク

このページに関するお問い合わせは
総合政策部 広報課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。