軽自動車税種別割の税額

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2019年10月1日

2014年(平成26年度)の地方税法の一部改正により、2015年(平成27年度)から軽自動車税の税額(※税率)が引き上げられました。2016年(平成28年度)からは登録年数13年を超える車両に対し、さらに引き上げられた税額(重課税率)が適用されます。また、一定以上の低燃費車などにグリーン化特例(軽減税率)が適用されます。
2019年10月1日より、従来の「軽自動車税」は「軽自動車税種別割」に名称変更されましたが、名称変更に伴う税率の変更はありません。
(※税率)軽自動車税種別割では、税の金額をもって規定していますが、地方税法や市税条例では、「税率」と表記されます。

二輪車等

既存のものを含む、すべての二輪車等に適用されます。

二輪車等の税額
車種区分 平成27年度まで 平成28年度から
原動機付自転車 50cc以下 1,000円 2,000円
原動機付自転車 50cc超90cc以下 1,200円 2,000円
原動機付自転車 90cc超125cc以下 1,600円 2,400円
原動機付自転車 ミニカー 2,500円 3,700円
軽二輪 125cc超250cc以下 2,400円 3,600円
小型特殊自動車 農耕作業用 1,600円 2,400円
小型特殊自動車 その他 4,700円 5,900円
小型二輪 250cc超 4,000円 6,000円

四輪車等(三輪以上の軽自動車)

2015年(平成27年)4月1日以降に最初のナンバーの交付を受けた車両及び最初のナンバーの交付を受けてから13年を経過する車両について、税額が変わります。

四輪車等(三輪以上の軽自動車)の税額
車種区分 (1)平成27年3月31日までにナンバーの交付を受けた車両 (2)平成27年4月1日以降に最初のナンバーの交付を受けた車両 (3)最初のナンバー交付を受けてから13年を経過した車両(※)
三輪 3,100円 3,900円 4,600円
四輪以上 乗用 自家用 7,200円 10,800円 12,900円
四輪以上 乗用 営業用 5,500円 6,900円 8,200円
四輪以上 貨物用 自家用 4,000円 5,000円 6,000円
四輪以上 貨物用 営業用 3,000円 3,800円 4,500円

(※)最初のナンバーの交付を受けてから13年を経過した車両については、(1)(2)にかかわらず、(3)の税額が適用されます
2019年度(令和元年度)は、2006年(平成18年)3月以前に最初のナンバーの交付を受けた車両が該当します
ただし、動力源または内燃機関の燃料が電気、天然ガス、メタノール、混合メタノール、ガソリン電力併用の軽自動車と被けん引車を除きます

2018年(平成30年)4月1日から2019年(平成31年)3月31日までに新規取得した四輪車等は燃費基準の達成度などにより、令和元年度の課税分に限り税額が軽減されます。

乗用車の場合

対象者

内容
電気自動車等 概ね75%軽減
2020年度燃費基準+30%達成車 概ね50%軽減
2020年度燃費基準+10%達成車

概ね25%軽減

貨物車の場合
対象者 内容
電気自動車等 概ね75%軽減
2015年度燃費基準+35%達成車 概ね50%軽減
2015年度燃費基準+15%達成車 概ね25%軽減

※電気自動車等:電気自動車及び天然ガス自動車(平成21年天然ガス車基準からNOx10%以上低減)とする
ガソリン車・ハイブリッド車は、いずれも平成17年排出ガス基準75%低減達成車(★★★★)又は平成30年排出ガス基準50%低減達成車に限る

(参考)軽課を適応した場合の税額
車種区分 標準税額 軽課25%軽減 軽課50%軽減 軽課75%軽減
三輪 3,900円 3,000円 2,000円 1,000円
四輪 乗用 自家用 10,800円 8,100円 5,400円 2,700円
四輪 乗用 営業用 6,900円 5,200円 3,500円 1,800円
四輪 貨物用 自家用 5,000円 3,800円 2,500円 1,300円
四輪 貨物用 営業用 3,800円 2,900円 1,900円 1,000円

このページに関するお問い合わせは
総務部 市民税課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。