長源禅寺(秀柏山)

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2011年3月1日

長源禅寺(秀柏山)

飯能市直竹の長光寺の末寺です。開山は底庵桂徹大和尚で、和尚の没年が寛永6年(1629年)10月17日であることから創立は慶長(1596年~1615年)か元和(1615年~1624年)の時代と考えられています。
当寺、19世豊田達鑑が千葉県君津郡小櫃(おびつ)の寺の住職として去った後は、入間川町で、同じく曹洞宗の慈眼寺が住職を兼務していました。しかし、都合により現在では入間市仏子の高正寺が兼務をしています。

  • 本尊:千手観世音菩薩(せんじゅかんぜおんぼさつ)

場所

所在地
狭山市柏原2285番地
長源禅寺

関連項目

歳時記

狭山の石仏

このページに関するお問い合わせは
生涯学習部 社会教育課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-8671

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。