永代寺(金宝山・龍護院柏原院)

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2011年3月1日

永代寺(金宝山・龍護院柏原院)

当寺は、勝呂、大智寺末です。文治元年(1185年)畠山重忠の創立という伝承もありますが、新編武蔵風土記稿には「開山正僧坊・開基は新田義貞」としてあります。
元弘年間(1331年~1334年)に兵火のため古記録が焼失し、事実は不詳です。その後応永年間(1394年~1428年)に再建しましたが、弘化4年
(1847年)再び類焼し、以来仮本堂の時代があり、その間無住の時もありましたが、昭和53年本堂、庫裏を新築しました。
寺宝である木造不動明王(ふどうみょうおう)及び二童子立像(にどうじりゅうぞう)は、市指定文化財です。

  • 本尊:虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)

場所

所在地
狭山市柏原2492番地
永代寺

関連項目

指定文化財

このページに関するお問い合わせは
生涯学習部 社会教育課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-8671

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。