西方薬師堂(千日堂)

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2011年3月1日

西方「薬師堂」(千日堂)

当堂の由来についての記録はありませんが、広福寺「御改帳」の書かれた年記が慶安元年(1648年)であり、この古文書に「堂地三畝六歩藥師同高(光)林寺也」としてあるところから、慶安元年以前に建立されていたと思われます。
なお、この堂は広福寺の所有でありますが、高林寺が管理していたようです。また当堂は通称「千日堂」と呼ばれ、現在も住民より厚く信仰されています。
毎年8月に「西方薬師さま」のお祭りがあり、地元の人々が集まり、盆踊りや西方囃子が奉納されています。

  • 本尊:薬師如来(やくしにょらい)

場所

狭山市大字下奥富486番地
西方薬師堂

関連項目

歳時記

狭山市の石仏

お囃子

このページに関するお問い合わせは
生涯学習部 社会教育課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-8671

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。