さやまの歴史を刻む入間川(入間川地区)

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2020年7月10日

残しておきたい狭山の風景題字・童絵 池原昭治氏

残しておきたい狭山の風景

狭山を紹介する時、「入間川」を外して語ることはできません。
入間川は「狂言・入間川」、かげかくし地蔵、綿貫家の長者伝説、万葉集の伊利麻治(いりまじ)の歌など、歴史的な出来事の舞台や作品の題材となったり、狭山市入間川七夕まつりなどの行事が催されたりと、歴史とロマンに彩られたところです。
狭山市はこの入間川と共に、これからの歴史も歩み続けていくでしょう。

※8年4か月にわたり、多くの皆さんに親しんでいただいた「残しておきたい狭山の風景」は、第100回をもって終了いたします。9月から池原昭治さんの新コーナーを開始予定です。お楽しみに

このページに関するお問い合わせは
総合政策部 広報課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。