「狭山市の魅力づくり事業」事業プレゼンテーション会(11月9日開催)

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2016年12月1日

2016年11月9日(水曜日)に、市内4大学(西武文理大学、東京家政大学、武蔵野学院大学、武蔵野短期大学)の学生と公益社団法人狭山青年会議所メンバーで取り組んでいる「狭山市の魅力づくり事業」の事業プレゼンテーション会を開催しました。
事業プレゼンテーション会では、狭山市長、副市長、教育長をはじめ、市内4大学関係者(15名)、埼玉県関係者(2名)、狭山青年会議所メンバー(7名)、自治会連合会役員(8名)、市議会議員(7名)、市職員(約60名)等、多くの参加者が注目する中、学生たちが数々の調査や分析に基づき考案した事業案のプレゼンテーションを行いました。

提案された事業案

事業案(1)
事業名:Twitter&Instagramを活用した情報発信事業
提案者:SDT
事業概要:若者の間で活発に利用されているSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を活用し、あまり認知されていない「狭山市の魅力」を大学生自らが発信、拡散させていくことによって狭山市を盛り上げていく

事業案(2)
事業名:新規イベントの実施による狭山市の知名度向上事業
提案者:小田原組
事業概要:狭山市の特産品である狭山茶と若者に人気のあるスイーツを組み合わせた新規イベントを実施することで、若者に対する狭山市の知名度を向上させ、市内の賑わいを創出していく

市長による講評

学生によるプレゼンテーション終了後、提案された二つの事業案について市長が講評を行いました。

小谷野市長からは「皆さんの率直なご指摘のとおり、現在も市の魅力を伝えるためにさまざまな方法で情報を発信していますが、市外にまで十分に届いているとは言い難い状況です。今回提案された事業案は、学生らしい発想から生まれた素晴らしい内容であり、狭山市を盛り上げていく心強い“大学生の応援団”ができたことをうれしく思うとともに、今後の活動に大いに期待します。」との話がありました。

今後の取り組み

今回提案された二つの事業案については、大学生を中心に実現に向けての取り組みを行っていきます。
今回提案された事業案がどのような形で実現されるのか、ご期待ください!

このページに関するお問い合わせは
総合政策部 政策企画課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。