Q.水道水が臭うのですが。

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2014年4月1日

A.回答

塩素臭(カルキ臭)の場合、水道水を消毒している塩素(次亜塩素酸ナトリウム)が原因と考えられます。この臭いは、水道水が病原菌等の汚染から守られ、消毒された安全な水の証であると言えます。
また、金属臭・樹脂臭の場合、水道水が給水管(本管から蛇口までの管)の中に長い時間滞留している間に、管の各種の臭いが水についてしまったと考えられます。
給水管に鋼管(鉄管)を使用している場合は金属臭がします。硬質塩化ビニル管の場合は、樹脂のような臭いがします。特に、新築や給水管の取り替え時等、管が新しいうちは、より強く臭いを感じます。水道本管から宅地までの距離や、管径にもよりますが、開栓時の水を洗面器2,3杯ほど捨水(この水は掃除や庭の水まき等に使用)すれば、本管からの水が供給されてきますので、その水を飲用等にご使用ください。

関連情報

このページに関するお問い合わせは
上下水道部 水道施設課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。