狭山市パートナーシップ宣誓制度

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2021年10月11日

狭山市パートナーシップ宣誓制度

狭山市では、市民一人一人がお互いの人権を尊重し、多様性を認め合いながら、だれもが自分らしく生きられる社会の実現を目指して、「パートナーシップ宣誓制度」を2021年10月11日から開始いたしました。

パートナーシップ宣誓制度とは

パートナーシップ宣誓制度とは、お互いを人生のパートナーとして助け合い、協力し合って生活を共にすると約束したお二人(双方又はいずれか一方が性的少数者である方)が、市長に対してパートナーであることを宣誓し、市は宣誓証明書と宣誓証明カードを交付する制度です。また、パートナーシップ宣誓をする方に未成年のお子さんがいる場合は、その方を合わせて記載することもできます。

宣誓することができる方

  • 2人が成年に達している
  • 狭山市内に住所を有しているか、転入予定である
  • 双方に配偶者(事実上の婚姻関係を含む)がいない
  • 他の方とパートナーシップ宣誓をしていない
  • 宣誓をする方同士が、民法に規定する婚姻できない方(近親者)でない(宣誓をする方同士が養子縁組をしている場合を除く)

宣誓に必要な書類

・様式は市役所に用意してあります。原則、宣誓手続きにお越しいただいた際、その場で、お二人でご記入いただきます。

  • 住民票の写し
  • 戸籍抄本、独身証明書その他独身であることが確認できる書類
  • 本人確認書類(マイナンバーカード、パスポート、運転免許証など)

宣誓の手続き

1.宣誓日時を予約する
 宣誓を希望する7日前までに、政策企画課人権推進室に電話などで予約します。

2.パートナーシップの宣言をする
 必要書類を持参のうえ、予約日時にお二人で狭山市役所へお越しください。

3.宣誓証明書、宣誓証明カードの交付を受ける
 後日、宣誓証明書と宣誓証明カードが郵送か窓口で交付されます。
  (宣誓後一週間程度。要件を満たしている場合に限る。)

ホームページからの予約

関係資料のダウンロード

市民・事業者等のみなさまへ

パートナーシップ宣誓制度は、法律上の効果(婚姻や財産の相続、税金の控除等)を生じるものではありませんが、宣誓されたお二人の想いを尊重し、お二人が互いに人生のパートナーとして自分らしく安心して暮らせるように市として応援するものです。
また、この制度を通じて皆さんに性の多様性への理解を深めていただくことを目指しています。

様式ダウンロード

イメージ1宣誓証明書

このページに関するお問い合わせは
総合政策部 政策企画課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。