雨水各戸貯留・浸透施設設置補助制度をご利用ください

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2016年5月23日

狭山市は、雨水の流出抑制に取り組んでおり、開発事業、戸建住宅の建替え等の場合、敷地内での雨水処理をお願いしています。近年、都市化が進み、これまで地下に浸透していた雨水が宅地等から道路に流出し、河川や水路に流れ込み、市内の河川等の水量は増加傾向にあります。また、近年の異常気象といわれる影響か、最近の降雨は短時間での降水量が激増しています。
 
そこで身近にできる対策として、屋根に降った雨水を、地下に浸透させたり、タンクに貯めることが大切になってきます。これらのことは、大雨時の川の氾濫を防ぐことにつながるばかりか、貯めた水を庭木の散水に利用することは、土中水分を保つことで地表面からの蒸発を促し、ヒ-トアイランド(都市の気温が周辺よりも高くなる)現象の緩和に効果があります。また、地下水や湧き水の保全や復活など「良好な水環境の回復」にもつながります。
 
狭山市は、自己の居住用の住宅に雨水簡易貯留施設や雨水地下浸透施設を設置するかたを対象に補助を行っていますので、ぜひご利用ください。

補助の内容

雨水簡易貯留施設(貯留タンク)と雨水地下浸透施設(浸透桝)の設置工事に要した費用の2分の1以内の額を補助します。

雨水簡易貯留施設

  • 内容
    貯留量100リットル以上の気密性容器
    ・市販の雨水簡易貯留施設
    ・ドラム缶等を再利用したもの
  • 対象額
    設置工事に要した経費の2分の1以内の額
  • 限度額
    1世帯あたり30,000円

雨水地下浸透施設

  • 内容
    内径30センチメートル以上の既製品の浸透枡
  • 対象額
    設置工事に要した経費の2分の1以内の額
  • 限度額
    1世帯あたり40,000円

なお、雨水地下浸透施設は、がけ地などとの隣接地や地下水位の高い場所など、場所により設置できない場合があります。

対象者

狭山市に住所を有し、かつ狭山市において自己の居住用の住宅に設置しようとする方

補助金を受けるまでの流れ

  • 申し込み…申請書を提出してください
  • 補助金の交付が決定…市が審査し、補助金交付決定通知書を送付します
  • 設置工事…工事を着手
  • 完了検査申請、補助金の請求…工事写真を添付して、完了検査申請書と補助金請求書を提出してください
  • 補助金の交付…銀行口座に振り込まれます

申請書

申請書は市役所2階道路雨水課に用意してあります。また、こちらからダウンロードすることもできます。

その他

この補助金とは別に、不老川流域の「総合的な治水対策」の一環として、既存戸建て住宅を対象に希望者の住宅敷地に費用を埼玉県(川越県土整備事務所)が負担し、県の施設として設置する浸透桝設置事業があります。これは、平成12年より年度ごとに自治会単位で希望者を募り実施しています。

このページに関するお問い合わせは
都市建設部 道路雨水課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。