広瀬のきしもじんさま

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2011年3月1日

画:子育ての鬼子母神さま

広瀬(ひろせ)宮地(みやち)という(ところ)信立寺(しんりゅうじ)という(ふる)いお(てら)があります。このお(てら)境内(けいだい)には『鬼子母神(きしもじん)さま』がおまつりしてあります。
鬼子母神(きしもじん)さまは、()どもを(まも)ってくれる(かみ)さまです。でも最初(さいしょ)からそうではありませんでした。それには、こういうおはなしがあります。
むかしむかし、鬼子母神(きしもじん)(おに)そっくりの(おそ)ろしい(かみ)さまで、いつも人間(にんげん)()どもをとっては()べていました。それを()(かみ)さまは、たいそう(かな)しんで、ある()鬼子母神(きしもじん)()どもの一人(ひとり)をつかまえて、かくしてしまいました。
()どもがいなくなったことに()がついた鬼子母神(きしもじん)は、それはもうとりみだしてわが()をさがしまわりました。そこへ(かみ)さまがあらわれて、こういいました。「わが()をとられれば、人間(にんげん)だってお(まえ)(おな)じように(かな)しいのだ。もう二度(にど)人間(にんげん)()をとらないか」
すると鬼子母神(きしもじん)は、()きながらお(ねが)いしました。「もう(けっ)して人間(にんげん)()をとったりはいたしません。どうか(わたし)()をかえしてください」
それ以来(いらい)鬼子母神(きしもじん)は、すっかり()わって、人間(にんげん)()(まも)ってくれる子育(こそだ)ての(かみ)さまになりました。
そして、毎年春(まいとしはる)三月十八日(さんがつじゅうはちにち)が、鬼子母神(きしもじん)さまの縁日(えんにち)で、この()には、(ちか)くの(むら)(ひと)たちはもちろん、(とお)比企郡(ひきぐん)八王子(はちおうじ)(ほう)からも、まごや()どもの()をひいた(ひと)たちが、おまいりにくるそうです。
おまいりにくる(ひと)たちは、みんな()()につくりたての(あたら)しいワラぞうりを()ってきますが、これには、(つぎ)のようないわれがあります。
(あたら)しいワラぞうりを(おさ)めて、()どもの病気(びょうき)がなおるように一心(いっしん)にお(いの)りをして、以前(いぜん)(おさ)めた(ふる)いぞうりを()(かえ)ります。そして、この(ふる)いぞうりをはいて「(はや)(ある)いておくれ」とお(ねが)いすると、ふしぎに病気(びょうき)がよくなったそうです。
また、最近(さいきん)では()どもの肌着(はだぎ)までおそなえしている(ひと)たちもいるそうです。

このページに関するお問い合わせは
総合政策部 広報課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。