前田稲荷神社

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2011年3月1日

前田稲荷神社

天保14年(1843)前田地区の先祖が、はるばる京都伏見稲荷大社におもむき、御神爾(ごしんじ)を奉して、当地方の五穀豊穣と家内安全、事業の反映を念願して、分神のお墨付をお祭りしたのがこの神社です。
当社の御神威はあらたかにして、当時は遠隔の地より参拝者があり、そうとう賑わっていました。

  • 祭神:正一位稲荷大明神(しょういちいいなりだいみょうじん)

場所

所在地
狭山市大字下奥富1752番地2
前田稲荷神社

関連項目

民話・伝承

このページに関するお問い合わせは
生涯学習部 社会教育課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-8671

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。