富森稲荷神社

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2011年3月1日

富森稲荷神社

当社の由来については、いくつかありますが、元の管理寺である広福寺の「慶安元年(1648)御改帳」には「稲荷宮貳か所」の記録があり、慶安以前に鎮座されていたと推測されます。その後明治維新の神仏分離により、東林寺住職から神官となった立川慶時が広福寺より譲り受け、これをさらに明治36年3月17日、小袋組が譲り受け、今は小袋自治会の管理となりました。
毎年2月11日に「初午祭( はつうままつり)」という神事が行われます。

  • 祭神:正一位稲荷大明神(しょういちいいなりだいみょうじん)

場所

所在地
狭山市大字下奥富591番地付近
富森稲荷神社

関連項目

歳時記

このページに関するお問い合わせは
生涯学習部 社会教育課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-8671

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。