道しるべ(浮彫馬頭観音)

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2018年8月9日

道しるべ(浮彫馬頭観音)

この道しるべは、浮き彫りの馬頭観音坐像を主尊とするもので、柏原の東上宿(ひがしうわじゅく)バス停脇の三差路にあり、寛政8年(1796)正月に造立されたもので、「右大田ケ谷(おおたがや)」「左坂戸(さかど)道」とあります。
馬頭観音は、馬の守護仏として江戸時代には各地に建てられました。それは、馬が物資の運搬に重要な役割を果たしており、当時の村人の生活に密着していたためです。そのため道しるべには、交通の守り本尊として馬頭観音が刻まれるようになりました。

  • 寸法

高さ63センチメートル、幅26センチメートル、台座高さ60センチメートル、台座幅38センチメートル

場所

所在地
狭山市柏原1891番地(東上宿バス停付近)

このページに関するお問い合わせは
生涯学習部 社会教育課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-8671

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。