庚申塔

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2018年8月9日

庚申塔

この庚申塔は上広瀬の広瀬浅間神社にあり、寛政11年(1799)12月に造立されたものです。丸彫りの青面金剛は市内ではこれ1基のみで、6臂には三叉矛・宝輪・弓・矢・宝剣・半裸の女人を手にしています。
台座正面には右から左に「惣村中」とあり、両側面と裏面には造立にかかわった斎藤喜左衛門・清水吉次郎・岸庄右衛門ほか34名の農民の名前が刻まれています。また、修験者(しゅげんじゃ)と思われる正学院(しょうがくいん)の名も見えます。

  • 寸法

高さ106センチメートル、幅40センチメートル、台座高さ66センチメートル、台座幅60センチメートル

場所

所在地
狭山市大字上広瀬983番地付近
広瀬浅間神社

関連項目

社寺

このページに関するお問い合わせは
生涯学習部 社会教育課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-8671

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。