蚕神

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2018年6月15日

蚕神

狭山市を含む埼玉県西部地域は、かつては養蚕が盛んに行われていました。蚕の飼育は大変な仕事でしたが、比較的短期間で(まゆ)の出荷ができたので、農家にとっては大切な現金収入源だったのです。
この蚕神(かいこがみ)は下奥富の亀井神社(かめいじんじゃ)境内にあり、文政13年(1830)に造られたものです。家屋形の石祠(せきし)には「蚕影山大権現(こかげさんだいごんげん)」と刻まれ、左側面には「願主講中」とあります。
ここでいう講中とは、養蚕が主に女性の手で行われていたことを考えると、女性を中心とした「おしら講」ではないかと思われます。
なお、蚕影山は茨城県つくば市所在の蚕影神社のことで、古くから養蚕の神として信仰されてきました。

  • 寸法:高さ66センチメートル・幅24センチメートル・台座高さ8センチメートル・台座幅41センチメートル

場所

所在地
狭山市大字下奥富1465番地
亀井神社

関連項目

社寺

このページに関するお問い合わせは
生涯学習部 社会教育課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-8671

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。