ドメスティック・バイオレンス(DV)のない社会に!

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2021年12月6日

配偶者や恋人など親密なパートナーからの暴力(ドメスティックバイオレンス=DV)、性犯罪、売買春、セクシュアル・ハラスメント、ストーカー行為など、女性に対する暴力は、女性の人権を著しく侵害するものであり、男女共同参画社会を形成していく上で克服しなければならない重要な課題です。
この問題に対する意識啓発のため、毎年、11月12日から25日までの2週間を「女性に対する暴力をなくす運動」の期間としています。(11月25日は「国際連合の定める「女性に対する暴力撤廃国際日」です。)
この機会に、女性に対する暴力について考え、男女がお互いの人権を尊重することで、暴力のない社会づくりをすすめていきましょう。

ひとりで悩まず相談しましょう!

被害者は「いつもは、優しい人だから」「自分さえ我慢すれば」と思いがちです。しかし、暴力は身体だけでなく心にも深刻なダメージを与えます。さらに、子どもが暴力を目撃することは、心身にさまざまな症状を引き起こし、児童虐待にもなります。まずは、ひとりで悩まず相談しましょう。

相談窓口
相談窓口 電話番号 受付時間
埼玉県婦人相談センター 電話048-863-6060 9時30分から20時30分(日曜日、祝日は17時まで。年末年始を除く)
埼玉県男女共同参画推進センター「With You さいたま」 電話048-600-3800 月曜日から土曜日、10時から20時30分(第3木曜日、日曜日、祝日、年末年始を除く)
狭山市女性生活相談(予約制) 電話2953-1111(内線1140) 第1金曜日、第3・第4火曜日、10時から15時(祝日、年末年始を除く)
狭山警察署 電話2953-0110 24時間受付(緊急の場合は迷わず110番へ)
DV相談ナビ(内閣府) 短縮ダイヤル ♯8008 お住まいの最寄りの相談窓口へ繋がります
DV相談+(プラス)
(1)電話相談
(2)SNS相談・メール相談
(3)外国語(がいこくご)の相談(そうだん)
(4)WEB面談
内閣府男女共同参画局
DV相談+(プラス)

(1)0120-279-889
(2)(3)(4)DV相談プラスホームページ(https://soudanplus.jp)へアクセス
(1)24時間対応
(2)SNS相談:12時から22時、メール相談:24時間対応
(3)SNS相談:12時から22時(英語、中国語、韓国語、タガログ語、ポルトガル語、スペイン語、タイ語、ベトナム語)
(4)DV相談プラスホームページへアクセス。相談の状況に応じて対応

「パープルリボンキャンペーン」・「パープル・ライトアップ」に参加しました

パープルリボンキャンペーンは、女性に対する暴力の根絶を呼びかける運動です。埼玉県では、タペストリーを県内25市町でリレーし、パープルリボンをタペストリーのポケットに入れていただくことで、DV防止のための啓発を行っています。市では、2021年10月22日(金曜日)午後から28日(木曜日)まで、市民交流センター内でパープルリボンキャンペーンを実施しました。
また、内閣府では「女性に対する暴力をなくす運動」期間の11月12日から25日まで、女性に対する暴力根絶のシンボルであるパープルリボンにちなんで、全国のタワーやランドマークなどを紫色にライトアップするパープル・ライトアップを実施しています。このライトアップに狭山市も参加し、2021年11月1日から11月30日までの1か月間、市民交流センターを紫色にライトアップしました。

パープルリボンキャンペーン

このページに関するお問い合わせは
市民部 男女共同参画センター

狭山市入間川1丁目3番1号(市民交流センター2階)

電話:04-2937-3617

FAX:04-2937-3616

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。