だいだらぼっちの足跡

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2011年3月1日

画:だいだらぼっちの足跡

 むかしのお話です。
 だいだらぼっちが日本中を歩きまわっていたころのことです。(だいだらぼっちとは、ダイダラ坊ともいい、山をつくる神さまのことです)
 ある日、だいだらぼっちは、富士山の頂上に腰をおろしまして、びわ湖の水で顔をあらいました。そして、ひと息つきまして、立ち上がろうと、筑波(つくば)山に「ウムッ」とばかり、かた手をつきました。
 と、どうでしょう、三角の形をしていた筑波山の頂上が、まん中から、グシャッとへこみ、今のように男体と女体にわかれてしまいました。
 そして、立ち上がってから、大きなのびをして、ノッシ、ノッシと秩父の方へ行ってしまったということです。
 このだいだらぼっちの足あとだと言われているものが、狭山にもあったということです。柏原(かしわばら)下宿(したじゅく)から上宿(うわじゅく)の方へ行く途中に「だんご坂」という小さな坂がありますが、この坂のすぐわきの畑の中に窪地があって、だいだらぼっちが、このあたりを通りかかったときにできたものだといわれております。
 また、だいだらぼっちの伝説は、埼玉県下にも、秩父地方を中心にたくさんあります。そして、足あとといわれているものが、となりの入間市や川越市の笠幡(かさはた)の方にもあるそうです。

このページに関するお問い合わせは
総合政策部 広報課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。