薬師さまの清水

このページの情報をツイッターでシェアします

このページの情報をフェイスブックでシェアします

このページの情報をラインでシェアします

更新日:2011年3月1日

画:薬師さまの清水

 むかしのお話です。
 柏原(かしわばら)小山上(こやまのうえ)のあたりで、そのむかし、たいそう大きな(いくさ)があったそうです。
 この大戦で、一方の大将が目に大けがをしてしまいました。
 猛烈な痛みにたえながら、よろよろと薬師堂(やくしどう)の近くまで、のがれて来ました。
 そうしますと、茂みの間からそれはきれいな清水(しみず)がこんこんとわき出ているではありませんか。
 「やれありがたし、この水で目を冷やそう!!」
 大将は、かけよりまして、持っていました布を清水にひたし、けがをしました目を洗いました。
 「おおー、これは気持ちがよいわい…」
 そして、今度は目を清水の中につけました。
 あまりのすがすがしさと、戦のつかれがドッと出ましたのとで、大将は清水のわきでぐっすり寝込んでしまいました。
 それから、しばらくの時がたちました。
 ふと、ねむりからさめますとどうでしょう。あれほどうずいておりました目の傷が、なにごともなかったように、すっかりなおっているではありませんか。目もすっかり見えるようになっていたのであります。
 この不思議な話は、たちまちのうちに、この土地だけでなく、広くたくさんの人々に知られました。「薬師さまの清水は、眼病にきく」と伝えられ、近郷近在(きんごうきんざい)の目の病気で苦しんでいる人がひっきりなしにやってきたということです。

このページに関するお問い合わせは
総合政策部 広報課

狭山市入間川1丁目23番5号

電話:04-2953-1111

FAX:04-2954-6262

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。